お知らせ

本サイトの過去記事(TOPページ掲載以外の、公開から3ヵ月以上が経過した記事)の閲覧、および更新通知メールの受け取りには会員登録【無料】が必要になります。右上の「会員登録」ボタンからお手続きください。

映画は心意気だと思うんです。 第8回

冨田翔子さんが“わが心意気映画”を紹介してくれる連載第8回は、 前回 に引き続き、3月8日(金)に 「YCAM爆音映画祭2019 特別編:密室爆音」 で上映される『UFO少年アブドラジャン』(ズリフィカール・ムサコフ監督)について。10歳のときにテレビ放送で見て強く印象に残ったものの題名も監督名もわからず、15年後にようやくその作品がウズベキスタンのズリフィカール・ムサコフ監督が作った『I WISH…』であること突き止めた冨田さん。同作を再見することはかなわなかったものの、ついにムサコフ監督によって作られた別の作品、『UFO少年アブドラジャン』をスクリーンで観る機会が訪れます。

無言日記 第42回

三宅唱さんによる連載「無言日記」第42回は、主に旅先の台湾で撮影された2018年12月の映像日記を公開します。さらに、 第11回恵比寿映像祭 で展示中(2月24日まで、18日のみ休館)のインスタレーション「ワールドツアー」について、今回の展示会場である日仏会館ギャラリーの空間特性に合わせてどのような設計・演出がなされているかなど、詳しく解説してくれています。

映画は心意気だと思うんです。 第7回

冨田翔子さんが“わが心意気映画”を紹介してくれる連載の第7回。今回と次回は、3月8日(金)に 「YCAM爆音映画祭2019 特別編:密室爆音」 で上映される『UFO少年アブドラジャン』(1992年、ズリフィカール・ムサコフ監督)を前・後編にわたって取り上げます。このウズベキスタン発のSF映画、実は冨田さんにとって「心意気映画の最高峰」に位置する作品とのこと。まず前編では『UFO少年アブドラジャン』に遭遇するまでのこと、そのきっかけを作ったある別の作品にまつわる話が綴られています。

無言日記 第41回

三宅唱さんによる連載「無言日記」第41回は、銀杏の葉が舞い落ちる2018年11月に撮影された映像日記を公開します。また、 第11回恵比寿映像祭 で2月24日(日)に『ワイルドツアー』とともに上映される『無言日記2018』に関する裏話も。恵比寿映像祭では2月8日(金)~24日(日)の会期中、インスタレーション「ワールドツアー」も展示されますので、ぜひ足をお運びください。