無言日記 第46回

映画監督の三宅唱さんがiPhoneを使って日々撮影している「無言日記」。久しぶりの新作は、2019年7月から12月までの半年間に撮った映像をぎゅっとまとめたもの。夏の台湾に始まり、冬の北海道で終わる約13分間の”映像旅行”をお楽しみください。
無言日記2019下半期写真.jpg 110.76 KB




映像・文=三宅 唱







今更ながら、2019年の7月から12月、下半期分を一本にまとめた。
 
2019年の上半期は年初の計画通り、毎月のように海外か国内のどこかに出かけていた。その締めというわけでもないが、7月は台北の映画祭に参加したあと太魯閣渓谷へ。山も素晴らしかったが、それ以上に花蓮の海岸に心奪われた。月末は札幌へ。SCARTSでビデオインスタレーション作品の制作。
 
8月から11月は主に『呪怨:呪いの家』の準備と撮影。そのため日記はろくに撮っていない。移動中か早朝の映像ぐらいしかムービーフォルダに残っていなかった。「呪怨」の世界に入るためには、目の前に広がる風景にふと足を止めている場合じゃない、という感じだったのかもしれない。まったく余裕がなかった。喫煙する時間ももったいないと思い二ヶ月くらい禁煙をしていた。途中から吸ったけど。
 
12月は再び札幌へ。「7月32日 July,32 Sapporo Park」の編集やオープニングがあった。「ワールドツアー」に続いて二年連続でインスターレーションを作ることになり、日記映像ベースの手法でやれることにはだいぶ満足した感じがあった。もしまた作る機会があったら違う手法違うコンセプトでやりたい。
 
2019年の年末は、いろいろやりきった、とにかく疲れた、このままだとヤバいという思いが強かった。来年は休もう、映画館に行こう、一回全部リセットしていろいろ勉強しなおそう、という気持ちで2020年に突入した記憶。




三宅唱

映画監督。2010年に初長編映画『やくたたず』を監督。長編第2作 『Playback』 は2012年のロカルノ国際映画祭に正式出品された。2015年にはドキュメンタリー映画 『THE COCKPIT』 、2017年には時代劇『密使と番人』、2018年には 『きみの鳥はうたえる』 、2019年に 『ワイルドツアー』 を発表。「ワールドツアー」(2018、YCAMと共作)や「7月32日 July 32, Sapporo Park」(2019、札幌文化芸術交流センターと共作)といったビデオインスタレーション作品も制作。また、雑誌『POPEYE』にて映画評「IN THE PLACE TO C」を連載中。監督を務めたNetflixドラマシリーズ『呪怨:呪いの家』(全6話)が配信中。