杉原永純

2014年-2019年山口情報芸術センター[YCAM]シネマ担当。2011-2014年オーディトリウム渋谷番組編成。「YCAMシネマ」や「YCAM爆音映画祭」など映画上映プログラムを担当するほか、映画製作プロジェクト「YCAM Film Factory」を手掛け、『ギ・あいうえおス 他山の石を以って己の玉を磨くべし』(柴田剛監督)、『映画 潜行一千里』(向山正洋監督)、『ブランク』(染谷将太監督)、『ワイルドツアー』(三宅唱監督)をプロデュース。空族の「潜行一千里」、三宅監督の「ワールドツアー」といったインスタレーション展も企画・制作。
2019年8-10月に開催された「あいちトリエンナーレ2019」の映像プログラム・キュレーターを務め、映像プログラム初の委嘱作品『A Day in the Aichi』(カンパニー松尾監督)をプロデュース。